神奈川県横浜市S様邸

神奈川県横浜市に所在するS様邸の解体前の様子です。平屋建てのご依頼を頂きました。


S様より「後ろのブロックを撤去して頂きたいのですが、そばに生えているこの木は愛着のある木なので、出来れば残して頂けますか?」とのご希望がありましたので、後ろのブロック塀を取り除きつつ写真に赤丸で囲っている木を残しながらの作業となりました。

解体工事に着工するためご近所の皆様へご挨拶をし、作業に移っていきましょう!

目次

伐採・養生・内装

まずはじめに、作業の邪魔になる物を伐採・撤去及び処分をし、その後養生をしてから内装工事に着工します。ちなみにこちらのS様邸は外装のリフォーム工事を行っており、また内装は土壁で出来ている邸宅でした。築年数も経っておりましたが大事に住まわれてたのではないでしょうか。

解体工事

それではいよいよ解体工事に入ります!
土壁は普段のボードに比べ、解体時に大量の土埃が発生するため普段より気を遣いながら、埃があまり出ないように丁寧に水撒きをします。そして、この家は築年数が経過しているため基礎(コンクリート)が弱く、お庭も広かったために比較的解体がしやすい家屋でした。着々と工事を進めていきます!

埋設物確認

建物の解体工事が終了した後は、埋設物が埋まっていないか確認をするために重機で一度この広い土地を細かく掘る作業を行います。なお、こちらの邸宅は駐車場の後方部分から大きな「玉石」が2tダンプ一台分ほど出てきました!

埋設物に関しては他社企業同様、御見積書とは別途料金となりますが、弊社ではこのような予期せぬ埋設物があった場合について、実際にかかる【人件費・処分費】のみをご請求させていただいております。
『まさかこんな物が埋まっていたなんて・・・』と予期せぬ事態にも、お客様へお力添えが出来るよう我々も出来る限り精いっぱいご協力をさせていただきます!

整地

埋設物を確認・撤去した後、土地の土が均等になるように整地を行います。そしてS様からの希望があった「愛着のある木」も大切に残すことが出来ました!

このように、お客様からのご希望があったり そのご希望通りに解体工事が終了すると、スタッフの記憶にもとても鮮明に残り続けます。そして何よりも、喜んで頂けるとそれが我々の自信ややりがいとなり、次の現場にも活かせるよう日々作業に取り組んでいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次